カジノ法案とオンラインカジノの関係

【カジノ法案と賭博罪】

最近注目の話題の一つとして、カジノ法案についてをご存知の方も多いのではないでしょうか。
これは日本国内にIRならびにその施設の一つとしてカジノを建設しようという法案となっていますが、日本の法律では賭博に関する規制がありますので、今のままではカジノを建設し運営することができません。
そのために必要となるのが刑法の改正であり、つまりは賭博罪に関する記述をどうにかすることでカジノを建設することができるようになるというわけですが、カジノ法案以外にもその余波が拡がることが推測されているようです。

【オンラインカジノの合法化が期待される】

それはインターネット上の仮想のカジノ、いわゆるオンラインカジノの存在です。
オンラインカジノは海外で運営されているにも関わらず、インターネットから手軽に利用することができます。
これが刑法の改正とどう関連するのかというと、現状でもオンラインカジノは法律上グレーゾーンとされる存在ですので、カジノ法案のこれからによってはオンラインカジノも合法となるのではないのかと考えられています。
かつては逮捕者が出た経緯もあって今ではオンラインカジノは違法だ、という声も強くありますが、この先オンラインカジノの見方がどう変わっていくのかについても注目したい部分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*